冬に乾燥するのはなぜ?

になるとなんだか肌がパリパリと乾燥していませんか?特にお風呂上りなどつっぱたりと普段乾燥肌じゃない人も、乾燥を感じる瞬間かもしれません。

夏はジメジメとして過ごしにくいのに冬になると逆に乾燥してしまってのどが痛くなったり、肌が乾燥してしまったり唇がカサカサになったり美意識が高い方からしたらあまりいい季節ではないかもしれませんね。

どうして冬は乾燥してしまうのでしょうか?今回は冬が乾燥してしまう原因について紹介したいと思います。

冬はどうして乾燥するの?

冬に乾燥してしまう原因は、日本の地形に原因があります。平地が少なく山々があるので地形に原因があるんですね。冬の寒い季節になるとシベリアから寒く湿った風が日本にやってきます。シベリアとは北の方ですね。湿った風が寒い風にさらされて雪に変わって降ってきます。空気中の水分が雪に変わり降るのです。日本海側や北の方ではよく雪が降りますよね。その湿っている風は山を越える頃には水分がすっかりと抜けて乾いた風に変わってしまいます。太平洋側では乾いた寒い風に変わってしまうのです。つまり北側または日本海側では空気はあまり乾燥している地域は少なく、太平洋側または南側では乾燥した寒い風が吹くので乾燥しているのです。さらに寒くなると水分の蒸発もあまりありませんので空気中に水分が潤う事は難しいのです。

夏はどうしてジメジメするの?

冬に乾燥してしまう地域と乾燥しない地域があるのに対して、夏にもジメジメする地域とジメジメしない地域があるのか?と疑問になりますよね?しかし夏はちょっと違うのです。夏になると湿った暖かい風が日本にやってきます。北にそのまま抜けてくれるのではなく日本全体を包み込んでしまうらしいのです。さらに夏は台風などもよくきますよね?台風がもたらす大雨が夏の温かい気温で蒸発して空気中に水分が充満してしまうのです。そのことから夏はジメジメしてしまうのです。

2018-12-18 | Posted in 美容Comments Closed 

関連記事