首イボをハサミで自分で取る?!稗粒腫を針で潰す?!それはとても危険な行為!

に出来てしまった取れそうで取れないイボ。出来てしまうと気になって指や爪でコリコリ触ってしまいますよね。触っていくうちにこれって強く引っ張ったら取れるんじゃない?って思わず引っ張ってしまう人もいるんではないでしょうか?

ハサミや爪切りなどを使って思わず切ってしまいたくなる衝動は少し抑えてこの記事を読んでみてください。それはとても危険な行為と気付くはずです。

イボを縛る方法は確かにあった?!

首イボ自分でどうにかしようとして実際に実行したサイトがいくつかありました。その中でも首イボを糸で縛る方法が多くあったかな。どんな方法かというと、イボの根元を糸でキツク縛り、放置。糸で縛ることでイボへの血流を止め、イボ自体を壊死させることでポロリと取れるみたいです。期間は約2~3週間といっていました。これを見た私は簡単じゃんと安易に考えていましたが、実際にした方のブログではかなりの痛みを伴うみたいです。ずっとドクンドクンと重たい痛みが続き結果病院に行ったそうです。その方が言うには最終的に病院に行くなら、3週間も痛みに耐えずにサッサと病院で取ってもらうのが良かったと言っています。最後まで読むとなんか怖いと思ってしまいませんか?今すぐ、取りたい!と無理やり取ってしまうには大きなリスクが伴うんです。

稗粒腫(はいりゅうしゅ)を針で潰す危険性

目の周りに白いブツができることあると思います。私も以前、目の周りに白い物ができて気になった事があります。白く浮き出ているので、結構目立つしメイクしてもわかるくらいはっきりとありました。普段のスキンケアではどうする事もできず、思い切って針で潰そうかとも思ったぐらいです。しかし、この稗粒腫を針で潰す行為はとても危険なことがわかりました。たしかに病院に行っても針で潰す治療になるのですが、自宅で自分の針で潰すのとは訳が違います。病院の医療器具はきちんとした消毒を行っています。肌に傷をつけてしまう針に万が一、細菌が付いていただどうでしょう。感染症や炎症を起こしてしまう危険性があるのです。また、稗粒腫がウイルス性の物だったら、菌の入っている袋を破ることになるので、より酷くなってしまう危険性もあるという事です。

イボを見つけてしまっても自分の勝手な判断で取ってしまおうと考える前に、専門の医療機関に相談されることをおすすめします。

2018-11-24 | Posted in 美容Comments Closed 

関連記事